コーヒーメーカーを選ぶ際は種類を比較して

コーヒーメーカーと一口に言っても様々な種類があるので、それぞれの良さを比較しながら検討した方が好みに合うものが見つかりやすくなります。



喫茶店やコーヒーにこだわりがあるコーヒーショップでは、サーバーへドリッパーをセットし、専用ケトルからお湯を丁寧にさしながら淹れるタイプのハンドドリップが主流です。



レギュラーコーヒーを淹れる際の基準とも言えるでしょう。


ハンドドリップの場合、サーバーなしでも、ドリッパーさえ持っていれば、カップにドリッパーをセットして淹れられるので、最も手軽にコーヒーを淹れられます。

フレンチプレスタイプのコーヒーメーカーは、抽出が安定しているため、誰でも気軽にコーヒーが淹れられることで日本でも人気になっています。コーヒーの粉を容器に入れて、その上からお湯を注いで4分程度待ち、ゆっくりプレスするだけでコーヒーが淹れられる手軽さがあります。
コーヒーメーカーを比較する際に、エスプレッソにこだわりを持っている方もいらっしゃるでしょう。
そうした方にはエスプレッソメーカーがお勧めです。

コーヒーの粉に水を加えて、直火にそのままかければエスプレッソができ上がります。



室内はもちろん、火があればアウトドアでもどこでも美味しいエスプレッソを味わうことができます。


このタイプは簡単な構造なので、お手頃価格な上に壊れにくいというメリットがあります。

本格派のエスプレッソを楽しみたいという方には、電気式エスプレッソマシンもあります。


用途や価格帯、メーカーなど、様々な点から比較をしてコーヒーメーカーを選ぶと失敗も少なくなります。